滝沢カレンのインスタが面白い?有名な四字熟語もチェック!【世界さまぁ〜リゾート】

みなさまこんにちは、くまてぃーです。

四字熟語で有名なモデルでタレントの滝沢カレンさんがTBS「7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート」に出演されます。

先日は「徹子の部屋」にも出演されて話題になりましたよね。

その時滝沢カレンさんが命名した四字熟語は、その名も「早口国宝」

いや〜、わかる

その人の特徴を捉えつつも、キャラをイジりつつ、なおかつ褒めているのがすごいですよね!このバランス感!

でもさらに、滝沢さん、インスタも面白いっていうのご存知ですか?

今回はそんな滝沢カレンさんについて、有名な四字熟語、知られざるインスタの面白さとともに紹介してみたいと思います!

日常にちょっとした面白さが欲しい方は、ぜひ見ていってくださいね!

スポンサードリンク

本業はモデルでタレント!滝沢カレンのプロフィール

名前 : 滝沢 カレン(たきざわ かれん)

生年月日 : 1992年5月13日

年齢 : 25歳(2018年5月5日現在)

職業 : ファッションモデル・タレント(ミスセブンティーン2008グランプリ・JJ専属モデル)

所属 : スターダストプロモーション

身長 : 170cm

スリーサイズ : B81 – W58 – H85

血液型 : AB型

幼い頃から洋服が好きで、ファッションの楽しさを伝えたいと思い、幼い頃からファッションモデルを志していたそうです。

いまさらっと書きましたが、幼い頃なりたい職業だからなったというのが一番すごいですよね。単純だけど、すごい。

その後渋谷でスカウトされ事務所所属となった後は、2008年に「SEVENTEEN」のミスセブンティーンにグランプリで選ばれ専属モデルに。

またこの頃から、劇場版「ROOKIES〜卒業〜」で女優デビュー、「マリア様がみてる」で主要人物を演じるなど女優としても活躍しだします。

そして高校卒業と同時に「JJ」の専属モデルになり、「踊る!さんま御殿!!」では「日本生まれ日本育ちなのに、日本語が苦手なハーフ」として一躍注目を浴びます。

確かに「日本生まれ日本育ちなのに、日本語が苦手」って普通考えたらおかしいですもんね笑

ちなみに滝沢カレンさん、お父さんがウクライナ人・お母さんが日本人のハーフです。

確かにそんな顔立ちされていますよね!

さらにお母さんは、バレリーナをやっていた宮沢さゆりさんです。

あら仲良しさん!

そんなお母様が大事に育てた(?)愛娘が生み出した名作「四字熟語」を早速見ていきましょう!

スポンサードリンク

爆笑必至!?滝沢カレンの四字熟語まとめ

それでは、口に牛乳を含んでご覧になってください。

もうなんていうか、全部的確なんですよね!

2017年、滝沢カレンはテレビ出演が360回を超えるなど超引っ張りだこでしたが、このセンスなら頷けますよね!

しかしこの四字熟語、発端は番組アンケートの特技欄にたまに遊びでやっていた「四字熟語」をその場しのぎで書いただけだそう。

そこである番組で四字熟語を披露→ウケる→ほかの番組でも「そういえばカレンちゃん、四字熟語が特技なんだよね?」と振られ、披露→ウケる→またほかの番組で……

というループで一気に人気になったみたいですね。

しかしあまりにも話題を振られるので、最近は死に物狂いで考えているとか。必ず四字熟語を振られるため、事前に共演者のことを調べてから撮影に臨むそうです。

滝沢カレンさんは、陰ながら努力されているんですね。そういうところも尊敬です。

これぞ天然!?滝沢カレンのおかしな日本語インスタ

そんな滝沢カレンさんですが、モデル・タレントによくあるInstagramをやられています。

しかし、このインスタ、ほかの人とは一味も二味も違うのです。

論より証拠、まずはこちらをご覧ください。

みなさん、こんにちは😉☀ 今日も朝から眠い目ひっ釣り返して、 お仕事しています❣❣👁❣❣ そしてはたまた当日ご報告になるのですが聞いてください😅 本日6/8(木)19:56〜より日本テレビさんより「ぐるぐるナインティナイン」の一部に出場します🙋🏼♥💫 今回はパフェがどうのこうのだ、という企画に出てまして、あんな時間に歯向かって甘いもの爆食べしています🍰🍦🍭🍫🎂🍧🍨🍬🍮 食べては話し、食べては話しの繰り返しでわかりやすいやり方で時が流れて行くので、「私は(俺は)20:30に自宅につくよ🙋🏼(🙋🏼‍♂️)」なんて人もどうぞ小さいことをチマチマ考えずに日本テレビチャンネルへお越し下さい💁🏼💛❤💛❤ その企画が何時に始まり何時に終わるかは言えないですが、ダメは元々で自宅に着いた方からテレビのリモコン操作お願いしますね🙇🏼♥💋 今日は「年柄年中暑すぎ砂漠ど真ん中置いてかれ確定スタイル」で一際張り切りでパフェに寄せてるドンパチな私が分かりやすくいるので探してみてください🌴🍹🌻💕💕 #夏を感じたら後戻りはできない #巡り巡ってまたやってくる #毎年繰り返されてる四季に流されながら #去年のあの日を思い出しながら同じように四季を感じて行く #だが全てが一瞬で全てが最初で最後の過去となる

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

!?

みなさん、こんばんは☘🌟 土曜日の夜🌉、みなさん存在を大にして歩き回ったり、居間で寝そべっているでしょう😌❤💖 私は張り切りの夜で今日は、もしかすると親友とまで言えるかもしれないくらいのレベルの友達のお誕生日会です🎂🎉🎊👩‍❤️‍👩 数えてしまうならもう7年くらいの長さで、愉快でずべこべ言えてしまう仲です👩‍❤️‍👩💖 そんなお友達が私はこう見えてたくさんいます☘☺☘ 心友もいれば様々な角度に友達も居ますが、やっぱり私なんかと仲間でいてくれたり、向こうから時々だとしたっても、連絡をくれるって素敵な現実だと思いますか❓😌💕 💎私は思います💎 いたって別々の人生を歩んでいたのに、 今こうやって楽しい時間を横目でふと見れば、また笑ってる❣え、また笑ってる❣と言えてしまう関係👩‍❤️‍👩🌟 確実に何かよりは大切な事なので、そんな私を大きくふわふわなワタでいつも揺るがせては受け入れてくれる仲間を、何があっても守っていこうと女ながらに私は思います😉👏🏻🎶 力づくでは守れ兼ねませんが、感情の問題ですね😅💋 そんな仲間を理由にここまでかきましたが、 みなさん5月発売のJJ7月号は買ったんですか❓😌☘ 「おいおい、5月売りなのになんで7月号なんだ🤔」と密かに根本から疑問な方🙌🏻 気持ちは分かりますが、今着たら四季を大切にしてないのかと勘違いされちゃいかねないが、7月くらいに着たらいいんじゃないか🤔というような視線でやってますので、あまり7月号というとこには気持ちを置かずに、JJということだけに気を取られてください😉🙇🏼🌼❤🙌🏻🙌🏻 まぁでも季節のうまい具合な移動は、自然任せなので私たちがここでこうしたい❣と言った所で、どうにもなりません🌞 読めない先だからこそ楽しい明日が待ってるのですね😉🎶 さよなら☺ ※こちらの写真はとある今月号のJJの中にあるお気に入りでしたが使われなかった画像です. #四季を感じている余裕が大切だ #たまたまが奇跡を作りいまいる仲間 #繋がりがある限り止まることはない仲間の輪 #結局どこかでみんなとも繋がっているはず #地球の大きさに対しもっと時間があったらきっとすぐに出会えただろう #ただ足りないくらいが楽しいのだ #足りるまで楽しみが続くのだから

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

!!??!??

なんだこの日本語は!!!笑

写真とのギャップもまたすごい。

「でも滝沢カレンさんハーフだしなぁ」と思ったそこのあなた、この記事のプロフィールをもう一回見直してください。

そして高校卒業と同時に「JJ」の専属モデルになり、「踊る!さんま御殿!!」では「日本生まれ日本育ちなのに、日本語が苦手なハーフ」として一躍注目を浴びます。

日本生まれ・日本育ちなのにこの日本語力なんです!笑

この独特な日本語チョイスがウケて、今ではInstagramのフォロワーは120万人(!?)を超えています!

だいたいきゃりーぱみゅぱみゅ土屋太鳳と同じくらいのフォロワー数ですね!

しかしなんでこのような日本語になってしまったのでしょう?

スポンサードリンク

独特な日本語は、親の仕事のせい!?

どうやら原因(?)はお母さんのお仕事にあるそうな。

お母さんの宮沢さゆりさんはバレリーナだったのは書きましたが、いまでは「バレエ教室の経営」と「ロシア語の通訳」を仕事にしているそうです。

そして、ロシア語の通訳として仕事をしていたから「娘が幼い頃には、”日本語がカタコトなロシア人”ばかりという環境」だったそうです!

そのため、こんな独特な日本語になったそうですよ!

最後に滝沢カレンの爆笑ナレーションも置いておきますね!笑

そんな滝沢カレンが7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾートに登場!

そんな人気大爆発中の滝沢カレンさんがTBS「7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート」に出演されます!

今回は滝沢カレンさんが海外一人旅をする企画みたいで、メインゲストとしての登場ですね!

もしかしたら、旅先で出会ったひとに爆笑必至の四字熟語を付けまくるかもしれません!

気になる方はぜひチェックしてみましょうね!

まとめ

  • 滝沢カレンはファッションモデル・タレント
  • 2017年に四字熟語で大ブレイク
  • インスタでも独特な日本語で大人気
  • その日本語は、お母さんがロシア語の通訳の仕事していたから!?

いかがだったでしょうか。

こう見ると一時期流行った「ハーフおバカタレント」な一面を見受けられます。

しかし四字熟語を振られても答えられるよう事前に出演者を調べてから撮影に臨む、というエピソード。

このエピソードをうかがう限り、滝沢カレンさんは今後、四字熟語が飽きられても大丈夫だと僕は感じてます。

それは、努力する姿勢があるから。

こういう方は、ほっといても陰でちゃんと努力するひとなんです。

滝沢カレンさんの、今後に期待ですね!

くまてぃー

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする