スパイシーマックの本名は?元医者のハリウッド映画監督が激レアさんに登場

実践あるのみ!?それでも賞をとっちゃうスパイシーマック

なんでもスパイシーマックさんは「フィルムスクール」などには一切通っていないそうです。

つまり、いきなり実践です。

ショートフィルムを何本も制作し、独自のメソッドを編み出したそうです。

  • 基本的にカメラは自分で操作
  • 撮影スピードも早く2テイク以上はほとんど撮らない
  • 小道具は路上調達、使用後は元の場所に戻す

周りからは理解不可能みたいですが、でもこれ割と理にかなっているんですよね。

ビジネスも成功するためには(ざっくりですが)

まずは小さく初める→反応を見る→うまくいかなかったらまた別のことをやる→繰り返す→反応が良いやつをみつけたら、それを大きくしていく。

というプロセスでビジネスは大きくしていきます。

スパイシーマックさんも、まず理論なんてさておき、実践することから入っていますよね。

小さく実践(ショートフィルム何本も制作)→(独自のメソッドを見つける)→何本もショートフィルムを撮る中で、うまくいきそうな題材を見つける→それを長編映画にする

という、うまくいくビジネスの流れに沿ったやり方をしているんです!

スパイシーマックさんは偏差値73・長崎県の青雲高校出身ですし、そもそも医学部だったので地頭は相当良いのでしょうね。

ちなみにスパイシーマックという名前は、この下積み監督時代にルームメイトのミュージシャンから

「アメリカ人は”ヤマグチテツヒロ”なんて覚えづらい!それだとハリウッド制覇は到底無理!スパイシーマックに改名しなさい!」

と言われたのが由来だそうな笑

しかも語感が良いだけで、意味は特にないそうです!笑

そしてそんなこんな活動していくうちに、ジャックワイズマンJr.と共に作成したSpicy Mac Project

2009年メキシコ国際映画祭パルムドール賞を受賞しちゃうんです!

しかもこの映画祭で、日本人が長編映画で受賞するのは史上初だったそうです。すごい……

日本においては、2011年12月16日に「史上最高のパンツ一丁男」という名前でDVD発売・レンタル開始されます。

現在は映画全編をYouTubeで観れるそうなので、気になる方はぜひ観てみて下さい!

スポンサードリンク

ハリウッド監督・スパイシーマックが激レアさんに登場!

そんなスパイシーマックさんがテレビ朝日「激レアさんを連れてきた。」に出演されます。

番組紹介では

本日の激レアさんは… 『医師として順風満帆な生活を送っていたが 突如、渡米しド素人からハリウッド映画監督になった人』。  ある日突然、コメディ映画に目覚めた激レアさん。裸一貫でハリウッドに乗り込み、あの手この手で映画監督に上りつめ、なんと賞までとっちゃった…。秘策はなんと○○カレーだった?一体どういうこと? 番組史上、類を見ないアグレッシブ過ぎる激レアさん、徹底研究していくぞ!

とありますので、ネットでは知れなかった情報もテレビを見ると得られそうですね!

気になる方はぜひチェックです!

まとめ

  • スパイシーマックさんの本名は「ヤマグチ テツヒロ」
  • 親の影響で医者になったが、研修医2年目でコメディアン映画監督になるため渡米
  • 実践あるのみで、スクールにも通わず独自の理論を編み出す
  • 結果、日本人史上初としてメキシコ国際映画祭パルムドール賞賞を受賞

いかがだったでしょうか?

スパイシーマックさんを調べて感じたことは、「何よりも実践が大事」ということです。

もちろん事前の調査や勉強も大切なことですが、それで終わってしまったらなにも生み出していません。「0が0のまま」です。

しかし、何かしら実践すれば、それが拙いものでも「0が1に」なり、制作物が残るのです。

スパイシーマックさんは、意識的にせよ無意識的にせよそれを行ってきたからこそ、成功されたのだと思います。

スパイシーマックさんの今後に期待ですね!応援しています!

くまてぃー

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする