六角精児のプライベートがひどい!?ハマり役の多い俳優がダウンタウンなうに登場

どうもみなさんこんにちは、くまてぃーです。

突然ですが六角精児さんはご存知でしょうか?

少し昔で言えば「電車男」のオタク役で、最近なら相棒の鑑識・米沢守がハマり役の俳優さんですね。

どうして芸能人に詳しくない僕が知っているかというと、先ず母親が相棒好きだったのがひとつ。

そりゃご飯中にテレビがついてたら、観ちゃいますよね。

そしてもうひとつ、六角精児さんに友達が激似だったんです(笑)

もうドッペルゲンガーなんじゃないか、っていうほど!だから友達みんな彼のことは「六角さん」と呼んでいました(笑)

しかしまわりに六角精児情報が溢れているのに、当の本人のことは全く知りません。

良い機会なので、六角精児さんについて調べてみました(これからも友達をイジる為にも笑)

周りに六角精児さん似の友達がいるひともそうでないひとも、一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

相棒役が一番有名?六角精児のプロフィール

名前 : 六角精児 (本名:山地 克明)

生年月日 : 1962年6月24日

年齢 : 55歳

職業 : 俳優(舞台・テレビ・映画)

所属事務所 : 舞プロモーション(2018年4月20日現在)

来歴 : 兵庫県高砂市出身。実家は居酒屋を経営している。最初は芝居が好きでなかった。入学した高校が生徒全員部活に入部しなければいけない決まりだったので、たまたま誘われた演劇部に入部。「すぐに退部できそうだ」とも思っていたくらいだった。

しかしこの時の演劇部長にキャスティングされて出演した舞台が演劇コンクールの全国大会まで進出。当の本人は相変わらず「早く終わらないかな」と冷めた感じは持ちつつも、一方で「観客の前に立つというドキドキする思いが嫌いじゃなかった」とも後に語っている。

その後演劇部長が創立した劇団に入団。6年いた大学を中退するなど経て俳優活動を続け、電車男に出演したころからテレビのレギュラー出演が増え始め、相棒でその知名度を確かなものにしていった。

とてもユニークな俳優のなり方ですね(笑)

仕方なーく、なんとなーく入った演劇部で全国出場し、演劇部長に誘われ劇団に入団……

「絶対俳優になってやる!」と思って俳優を目指したわけではないんですね!

調べた限り、そのまま流れでーという感じです。

逆にこんな感じで俳優になれてしまうのは天才だと思うのは、僕だけでしょうか?(笑)

しかし考えてみれば、漫画の主人公みたいな俳優のなり方ですよね。

「特にやることもなく、なんとなく入った演劇部で演技していたらコンクールの全国大会に出場。最初は退屈だと感じていた演劇だが、やるにつれて『悪くないな』と思い始めて……」

あ、これ漫画のあらすじによく書いてあるやつだ!(笑)

しかしそんな有名俳優のプライベートは、とんでもなかったりするのです。

六角精児のプライベートがひどい!?

実は六角精児さんはギャンブルにハマっていた時期があるそうです。

大学時代からギャンブルにハマり、家庭教師のバイト代では遊ぶ金が足りず、学生ローンで借り続けていたみたいですね。

また、ギャンブル依存は借金を完済できた40代まで続き、消費者金融に500万円、人から借りた金などを合わせると1000万円もの借金を抱え込んでいたらしいです(!?)

こ、これはすさまじい……ここまで借金するなんて、ホントにギャンブルにハマっていたんですね。

スポンサードリンク

離婚歴3回!結婚歴4回の詳細とは!?

はい、見出しの通りです(笑)

すごいですね、4回も結婚しているなんて六角精児さんモテモテです!

最初に結婚した女性は、同じ劇団にいた女性で、21歳の時に結婚。食費もない六角精児さんを支えてあげたほど良い方でしたが、ある日突然別れを告げられたそうです。

2回目の結婚は35歳の時。ある日「ほかに好きな人ができた」と言われて別れたそうです。

(これは切ない……)

3回目は41歳の時、24歳下の学生さんと。

なんでも六角精児さんが勤めていた専門学校の生徒さんみたいです。

この女性は里帰り出産で地元に帰って以降、帰ってこなかったみたいです。

最後の結婚は49歳の時、2度目の妻と復縁し、結婚されたみたいです。

もうお腹いっぱいです(笑)

「相棒」「電車男」での姿しか知りませんでしたが……僕が思う以上に波乱万丈な人生を歩まれているみたいですね!

そんな六角精児がダウンタウンなうに登場!

そんな破天荒な六角精児さんがダウンタウンなうに出演されるみたいです!

番組内では、当記事で書いたことも事細かに話されるみたいで……もっと細かく知りたい人は、ぜひチェックの必要がありますね!

なにせ松本人志さんが「この人すごいわ」「よくゲストに来れたな」と行ってしまうほどのエピソードみたいですからね(笑)

まとめ

  • 六角精児さんは、最初演技には興味なかった
  • 高校で仕方なく入部した演技部で全国大会に進出
  • 演じていく内に、演劇の面白さに目覚め、当時の演劇部長が創設した劇団に入部
  • 「電車男」をきっかけにレギュラー出演が増え、「相棒」で知名度を確固たるものにする
  • プライベートでは、ギャンブル依存症で一時期借金が1000万円あった(いまは完済済み)
  • 離婚歴3回、結婚歴4回もある

いかがだったでしょうか?みなさんの中には、僕と同じように「思っていた以上に波乱万丈な人生だった」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも思うのが、何かで突き抜けた能力を発揮するには、どこか飛び抜けていないといけないのかな、と感じます。

今回の六角精児さんも、普通に生活していたら先ず経験しないような人生を歩まれています。

しかしこの破天荒な経験が、六角精児さんの演技や音楽活動(六角精児さんはバンドも結成されています)に幅や深みを出しているのではないでしょうか。

あえて変なことをする必要はありませんが、何かで成功するには常識を越えたなにかをしなければいけないのかな、と六角精児さんに触れて感じました。

これからも六角精児さんの俳優・音楽活動に期待しています!

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする