片渕須直監督が「この世界の片隅に」にのんを選んだ理由は?【バラいろダンディ】

こんにちは、くまてぃーです。

声優の主役に、女優の「のん」さんが抜擢された事で有名になった映画「この世界の片隅に」

この作品の監督・脚本を行った片渕須直さんがTOKYOMX「バラいろダンディ」が生出演されます。

キー局では話せないような話、放送コードギリギリのトークをされるそうで、今から楽しみですね!

その為、この機会に片渕須直さんのプロフィール、なぜ声優に女優ののんさんを選んだかなど調べてみました。

ぜひこの機会に見ていってくださいね!

スポンサードリンク

映画「この世界の片隅に」の監督!片渕須直のプロフィール

名前 : 片渕 須直(かたぶち すなお)

出身 : 大阪府枚方市

生年月日 : 1960年8月10日

年齢 : 57歳(2018年6月現在)

職業 : 映画監督・アニメーション演出家・脚本家

元からアニメーション映画監督で、「アリーテ姫」や「マイマイ新子の千年の魔法」なども手がけています。

また「この世界の片隅に」はクラウドファンディングを活用、開始一週間あまりで目標額2000万円を突破し、「クラウドファンディングで国内市場最多額の資金調達を達成」したことでも話題になりましたよね。

やはりアニメの力はすごい……

そしてアニメ映画界に「クラウドファンディング」という最新の資金調達法を取り入れたのがすごいですよね。

片渕須直監督は、アニメ映画だけではなくマーケティング能力にも長けているみたいですね!

なぜ女優の「のん」を声優に選んだのか?片渕須直さんの考えとは

「この世界の片隅に」では通常の声優さんではなく、主役声優に女優の「のん」さんを選んだことでも話題になりました。

当時、のんさんは色々と騒動があったみたいですからね。

そんな渦中の人物を片渕須直さんが選んだ理由として、こう語られています。

すずさん(「この世界の片隅に」の主役の女性)の性格はとんでもなくユーモラス。でも若い女優さんで自分がコメディエンヌであるという自覚を持っている人って、いないんですよね。のんちゃんは『あまちゃん』の主人公を演じる中で、一生コメディーの道を歩むことになっても構わないと決めたと。そういう自覚を持っている人はあまりいらっしゃらない。すずさんは穏やかな性格でもあるのでハマる気がした。僕らのキャラクターのイメージを作りつつ作画をするのですが、僕は勝手にのんちゃんの声を当ててました。」

アニメ映画「この世界の片隅に」片渕監督が「女優のん」を選んだ理由より引用( https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/615060/500/ )

どうやら、映画の主役の性格と、実際ののんさんの女優としての生き方が全く同じだったからみたいですね。

確かに若い女優さんは、最初からコメディエンヌとして一生生きていく!と考えている方はいませんよね。

それならのんさんが主役声優に抜擢された理由もうなずけます。

スポンサードリンク

名アニメーション監督・片渕須直がバラいろだんでぃに登場!

そんな片渕須直さんですが、TOKYOMX「バラいろダンディ」が生出演されます。

キー局では語れないギリギリの話題や、放送コードに引っかかるか引っかからないかの話もされるそうで、「この世界の片隅に」の裏話など存分に聞けそうですよね!

気になる方は、是非是非要チェックですよ!

まとめ

  • 片渕須直さんはアニメーション監督であり、演出家
  • 「この世界の片隅に」の他に「アリーテ姫」や「マイマイ新子の千年の魔法」なども手がけている
  • クラウドファンディングを活用し、「クラウドファンディングで国内市場最多額の資金調達を達成」したことでも有名
  • 女優「のん」さんを選んだ理由は、主役のキャラの性格・生き様とベストマッチしていたから

いかがだったでしょうか?

昔は「良い作品つくれば、それで良い」とされていたクリエイター世界ですが、やはりマーケティングという面も大事になってきているのですね。

これからの世界、どの業界もそうなっていくと思われますが、それをいち早く行った片渕須直さんの眼力はすごいと思いました。

今後の片渕須直さんの活躍に期待です!

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする